• ¥9,980
    Unit price per 

ジェニック60 水溶性C60フラーレンジェル

「都市の肌」のために設計されたゲルは、フラーレン+ EGFのノーベル組み合わせ生まれてきました。

フラーレンを含むと、ビタミンCの172倍の抗酸化作用、持続的な抗酸化、美白、肌のしわ防止効果があります。 そしてEGFは驚くべき修復効果があり、皮膚の成長を促進することができます。 さらに、選択されたさまざまな天然植物抽出物は、皮膚に十分な原材料を提供します。
外部防御、内部修理を達成するために。


原産国:日本
テクスチャー:濃密リッチ
香り:なし
部位:顏、手、足、または全身

フラーレン

「強力で持続力のある」抗酸化力

フラーレンのもう一つの魅力は、「長時間持続する抗酸化力」です。様々な実験の結果、紫外線や過酸化物による細胞死を持続的に抑制し、その効果はビタミンC、ビタミンEよりも高いことが確認されています。

ヒトオリゴペプチド-1

人間が本来持っているタンパク質

EGFを肌に補給することにより、新しいみずみずしい皮膚細胞の新生を促すことができる。つまり老化現象を逆行させることができるといえる。

オタネニンジン根

原気を補い虚脱を治し精神の安定をはかる補気薬

角質水分量増加による保湿作用が認められています。Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用が認められています。

チョウジ

鎮静、鎮痙、抗炎症、抗菌作用など

活性酸素種SOD様活性による抗酸化、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用。

アロエベラ葉

皮表柔軟化とメラニン生成抑制

皮表を柔軟化し角層の水分量を増加することは肌の乾燥の改善、ひいては皮膚の健常性の維持につながると考えられています。植物エキスいずれか一種との併用系におけるヒト使用試験において色素沈着抑制効果が認められています。

キュウリ果実

角質水分量増加による保湿作用

2001年に一丸ファルコスによって報告されたキュウリ果実エキスの保湿作用検証によると、このような試験結果が明らかにされており、キュウリ果実エキスに角質水分量増加による保湿作用が認められています。

ツボクサ

脂肪細胞産生促進による唇の立体感・輪郭の改善作用

脂肪細胞の分化促進が確認されており、唇に対するツボクサエキスの立体感・輪郭の改善(ボリュームアップ)作用は脂肪細胞の分化(産生)促進によるものであると考えられています。

カワラヨモギ花

IL-1α産生阻害による抗炎症作用

IL-1αは炎症に関与するだけでなく、表皮角化細胞自身を刺激することでケラチノサイトからのメラノサイト活性化因子(ET-1やPGE)の産生を促進し、メラノサイト活性化因子がメラノサイトを刺激してメラノサイト内でのメラニン生成が促進されるといったメカニズムから、色素沈着の抑制および皮膚明度の向上をIL-1α産生阻害の指標としていると考えられます。


主要成份 配合目的
ベース
グリセリン 保湿・湿潤剤
BG 保湿・湿潤剤
フラーレン 皮膚コンディショニング剤
ヒトオリゴペプチド-1 皮膚コンディショニング剤
ナイアシンアミド 保湿・湿潤剤
パンテノール 保湿・湿潤剤
トコフェロール エモリエント剤
ヒアルロン酸Na 保湿・湿潤剤
オタネニンジン根エキス 皮膚コンディショニング剤
チョウジエキス 皮膚コンディショニング剤
アロエベラ葉エキス 皮膚コンディショニング剤
キュウリ果実エキス 皮膚コンディショニング剤
ツボクサエキス 皮膚コンディショニング剤
カワラヨモギ花エキス 皮膚コンディショニング剤
ダイズ油 酸化防止剤
(アクリル酸グリセリル/アクリル酸)コポリマー エモリエント剤
水添レシチン エモリエント剤
カルボマー 増粘剤
1,2-ヘキサンジオール 溶剤
キサンタンガム 親水性増粘剤
水酸化K pH調整剤
フェノキシエタノール 殺菌剤
エチルヘキシルグリセリン 保湿・湿潤剤
EDTA-2Na キレート剤
カプリル酸グリセリル エモリエント剤
エタノール 抗菌剤
PVP 乳化安定剤
ペンチレングリコール 保湿・湿潤剤
水酸化Na pH調整剤
オレイン酸Na 親水性増粘剤